トライアスロンを通じて、豊かで健康なライフスタイルを!株式会社トライアーティスト公式サイトです。
 トライアスロンについての役立つ情報を提供。各種イベントも企画しています!

|   ホーム   |   会社案内  |  代表プロフィール |   鉄平NEWS  |   鉄平文庫   |  ウェットスーツ  |    リンク    |   お問合せ  | 

トライアスリート竹内鉄平公式サイト。 トライアスロンについての役立つ情報を提供。 メルマガ「強くなる!トライアスロンのコツ」発行。 

| ホーム | プロフィール トライアスロン | 鉄平NEWS | レース情報 | メルマガ | 鉄平文庫 |  写真館  |  リンク  |  掲示板  | 

コーチング

 

 

 

 
 「世界でただ1人の君へ―新人類北島康介の育て方」

  平井 伯昌

  幻冬舎(2004.7)  1,365円

 アテネオリンピック金メダリスト北島康介を育てた平井氏のコーチとしての失敗と成功の過程が飾りのない言葉で綴られています。(選手兼)指導者としてのスタートをつい最近切った自分にとっては、非常に参考になる点が多く、長期目標に基づくコーチングの大切さはスポーツ以外の分野(ビジネス等)にも応用できます。

 内容:最初の志が「到達点」を決める/才能を見抜くには、謙虚さが必要/
     「頑張れ」という言葉の怖さ etc.
 

 

 

 
 「コーチ論」

 織田 淳太郎

 光文社新書(2002.12.20)  700円

 「ウサギ跳び」「丸刈り」「水分補給の禁止」「ダラダラ長時間続く練習」「シゴキ」「3年天皇、一年奴隷」「自分の成功体験の押し付け」「恣意的な選手の起用」などなど、間違ったトレーニング理論がはびこる日本のスポーツ界にメスを入れる、そんな内容の本です。現場の指導者でも、研究者でもなくスポーツライターが書いているだけあって、すべてに納得できる内容ではありませんが、少なからず旧弊が残る日本のスポーツ界の現状を様々な事例を挙げながら、紹介しています。特筆すべきは2軸走法についても触れられている点です。
 

 

 
 「もしもウサギにコーチがいたら 視点を変える53の方法」 

 伊藤守   大和書房(2002.4) 1,260円

 この本、初めはウサギに反応して買ってしまいました(うさぎバカ)。

 コーチというとスポーツ選手につくものというイメージが一般的ですが、近年は、企業の経営者やマネージャーが積極的にコーチを雇うようになってきました。逆に経営者向けのコーチング本の方が今はたくさん出版されていますね。

 コーチとは、人の能力を引き出す能力を持っている人たちのことを言います。そのような技術のことを「コーチング・スキル」といいます。管理・命令ではなく、「双方向」の会話を造り出し、部下の創造性・自発性を引き出す具体的な方法として、「コーチング」が注目を集めているのです。

 中でも視点の切り替え(アソシエート・ディアソシエート)は競技者としても非常に
大切な技術だと感じました。堅苦しくなくものすごく力の抜けた感じの語り口調とイラストで誰でも気軽に読めます。指導者はもちろん、コーチのいないエイジグルーパーにもお勧めの1冊です。子育てにも。

 

   


    ご意見・ご要望・不具合等ありましたら、メールでお知らせください。

ta-info@asutama.com   
Copyright(c)2002-2005 Teppei Takeuchi
 


ご意見・ご要望・不具合等ありましたら、メールでお知らせください。

triartist@asutama.com

 Copyright(c)2002-2017 株式会社トライアーティスト