トライアスロンを通じて、豊かで健康なライフスタイルを!株式会社トライアーティスト公式サイトです。
 トライアスロンについての役立つ情報を提供。各種イベントも企画しています!

|   ホーム   |   会社案内  |  代表プロフィール |   鉄平NEWS  |   鉄平文庫   |  ウェットスーツ  |    リンク    |   お問合せ  | 

世界選手権

 

開催地 :ニュージーランド クィーンズタウン

競技距離 : swim1.5km+bike40km+run10km

開催日 : 2003年12月7日 スタート:女子8:00 男子10:30

水温 : 16.5度  気温 : 24.0度  天候 : 晴れ

結果 : エリート男子   参加 73人/完走 57人 

 
 

【エリート男子トップ10と日本人順位】                                                              

       Place No.  NAME                Country                   TotalTime
                1   17  Peter ROBERTSON     Australia                 1:54:13  
                2    6  Ivan RANA                Spain                    1:54:37  
                3   21  Olivier MARCEAU      Switzerland               1:54:52  
                4    3  Bevan DOCHERTY    New Zealand               1:55:06  
                5    8  Hamish CARTER      New Zealand               1:55:17  
                6    5  Craig WATSON        New Zealand               1:55:39  
                7   27  Sven RIEDERER       Switzerland               1:55:39  
                8   46  Frederic BELAUBRE   France                    1:55:40  
                9   37  Courtney ATKINSON   Australia                 1:55:51  
               10   20  Bryce QUIRK            Australia                1:56:17  

               20   69  Hirokatsu TAYAMA    Japan                    1:57:11  
               28   34  Hiroyuki NISHIUCHI    Japan                    1:58:09  
               43   53  Ryosuke YAMAMOTO  Japan                   2:00:24  
               47   67  Teppei TAKEUCHI      Japan                    2:01:22  
               53   60  Junichi YAMAMOTO    Japan                  2:04:39   
               dnf   57  Tsukasa HIRANO       Japan                    DNF      
 

 

                       レース展開:
 

来年のアテネオリンピックを占う今シーズン最終戦、世界最高峰のレースである

世界選手権がニュージーランドのクィーンズタウンで行われました。

 

南半球ということで季節は初夏ですが、クィーンズタウンの山並みには雪が残っていました。

しかし、日差しは大変強く、日中には気温はかなり上昇し、暑いくらいでした。

 

レース会場は、ダウンタウンから20km程離れたレイクヘイズとアロータウンという小さな街が

舞台になりました。湖の水温は15〜6度と大変冷たくウェットスーツ着用。バイクコースは

激しいアップダウンが続くタフなコース設定。ランコースもゴルフ場内のアップダウンを走る

世界選手権にふさわしいハードなコース設定でした。

 

レース展開は、スイムはトップから20秒差という好位置でフィニッシュするものの、

順位としては35位前後と大混戦でした。湖からトランジションまでは斜度30%の坂を

400Mほど駆け上らなければならず、心拍数はMAXに。

 

バイクスタートして、3km程で何とか大集団の後方を捕まえ、ペースが落ち着いたと思った途端、

1kmほど続く長いのぼり坂で急激に集団のペースが上がり、集団から離されてしまいました。

他のちぎれた選手と後方からの集団と合流し、15人前後の集団を形成し、前の集団を追うものの、

バイク終了時には1分の差となりました。フィニッシュしてから知ったのですが、前の大集団からは

ロバートソン(AUS)とマルソー(SUI)の二人が2分(!)逃げていました。

 

ランは出だしは遅れるものの、我慢の走りで後半追い上げ、ラスト1周でようやくリズムをつかみ、

ラスト1kmで3人の選手をかわし、総合47位(日本人4位)フィニッシュしました。

どの選手も自分の国を背負って戦っており、下位の選手でも最後の最後まで力を振り絞って

走っています。自分も今現在の力を出し切れた充実感はありました。

 

今回のレースではバイクの力不足が露呈してしまいました。ランは良い感覚を掴みかけている

ので、このオフにはしっかりとバイクを乗り込み、ランのパフォーマンスを十分に発揮できるよう

にしていきたいと思います。

 

これで今シーズンはすべてのレースが終了しました。

来シーズンの開幕まで3ヶ月ほどしかありませんが、短い期間でも意識を変えることにより、

大きく成長することができると確信しています。

来期は一回り成長した姿でレースができるよう頑張ります。

応援して下さった方々、本当にありがとうございました!



ご意見・ご要望・不具合等ありましたら、メールでお知らせください。

triartist@asutama.com

 Copyright(c)2002-2017 株式会社トライアーティスト